スポンサーサイト

  • 2008.11.07 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


レンタルオフィスのメリット

多くのレンタルオフィスは、実際に利用している人の利便性を配慮しており、
立地条件面で優れています。

具体的には、例えば東京なら六本木、青山、赤坂など、オフィスを構えるうえで
憧れになる場所に位置しています。

単独では借りられないような超一等地の場所でも、レンタルオフィスなら
ローコストで借りられます。

会社の住所が誰でも知っている地名(住所)ならば、
信用面が違ってくるため、ビジネスにも有利に働きます。

レンタルオフィスのメリット

 多くのレンタルオフィスでは、アウトソーシング (業務を外部へ委託すること) 先を紹介したり、オフィス内で実際にスタッフが仕事をサポートする秘書機能やフロント機能、税務会計や法律相談などを無料もしくは利用者に限りローコストで提供しています。

また、レンタルオフィス内の設備面では、セキュリティ、インターネット環境、コピーやFAXのOA機器等、ビジネスのスタートアップに必要なものを用意しています。
24時間出入り自由な所がほとんどなので、自分の好きな時間に出社、退勤も可能です。

これらのサービスや設備を有効に利用することにより、さらにコスト削減を可能にしているのがレンタルオフィスです。

レンタルオフィスのメリット

 レンタルオフィスを利用するメリットとして、まず第一に
費用対効果に優れていることです。

契約時にかかるイニシャルコストが低いレンタルオフィスでは、
契約時に保証金が賃料の1〜3ケ月分程度で済みます。


では、普通に事務所を借りる際にはどのくらいかかるか?

少なくとも賃料の4〜6ケ月分、多いところでは12ケ月分
も保証金を必要とする所もあります。

賃料15万円だとしたら、180万円必要ということになります。


大切で限りある事業資金。レンタルオフィスの利用によって、
ビジネスに充てられる資金をしっかり確保できるのは非常に
大きなメリットといえます。


レンタルオフィスとは

 レンタルオフィスの一般的な構造は、ごく普通の会社にあるオフィスのように、ビル全体がスモールオフィスの集合体となっているなではなく、ビルの1フロアを分割して作られている場合がほとんどです。

そのため、1フロアの入口や会議室、給湯室、トイレなどは、他の利用者と共用のスペースとなっています。
分割されたオフィスの壁の構造も様々です。しっかりとした造作壁で作られたものから、パーテーションを利用したもの、スタンド型パーテーションで目隠し程度のもの、専用スペースはデスクのみでその他のフロアは共用扱いのものなど、バラエティーが豊富です。

通常は、不動産物件として賃貸契約を結ばずに月極や時間で借りる形式のものをいい、電話代行サービスなどといったオプションサービスも見られます。